読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりこのブログ

歌詞和訳を中心にゆるゆると。しゃいにと私のおもいで日記帳。

Interview #5 テミン 和訳

taemin shinee和訳

SW4 CDの和訳 132ページ

 

てむちゃんが語ってくれる言葉からステージ上がる前の雰囲気がリアルに伝わってくる。私は最後の花道のくだりでうるっとしたよ、、

 

 

 

僕はパフォーマーだ。メロディに合わせて踊るダンサーではなく、歌詞がある歌を体で表現するパフォーマーになりたい。

 

 

テミンさんはダンスと歌の中でどんなところに自信がありますか?

僕の中ではパフォーマンスだと思います。素敵なパフォーマンスをお見せしたいという欲が大きいです。もちろんライブも完璧にお見せしなければなりませんが。

 

コンサート前日の夜は主になにをしますか?

最高のコンディションでステージにあがれるように体を作ることに気を使います。タンパク質を中心にしっかり食べてゆっくり休むんです。コンサート前日には練習もたくさんしないでパワーを準備します。リハーサルをしながら動線を確実にチェックして寝る前にコンサートのステージを想像しながらイメージトレーニングをします。

 

海外で特に楽しんで食べる食事はありますか?

昔は海外ツアーは大変でした。ほこりアレルギーもあって取り換えもたくさんする方なので。食事も口に合わなくてよく食べられない方でした。それでも何でも経験しながら成長するみたいです。中国に行ったら火鍋をしょっちゅう食べて、タイのチャーハンも好きで。タイのロッティもしょっちゅう食べます。

 

ステージの上で緊張しないタイプですか?

どんな公演でも最初の公演をするときは緊張する方です。新しいステージが体に完全に身についていなければ観客の方々と一緒に呼吸することが難しいんです。リハーサルで完璧準備したとしてもステージに立つと感じがまた違います。最初の公演を通してステージに適応するといいましょうか。

 

ステージへ上がる前に緊張をどうやってほぐしますか?

時間が答えでしょう。初公演の初ステージでは震えても時間が経つほどに緊張がほぐれて体が軽くなります。観客の方々と近づくことを感じて。2回目の公演からは始まるときだけ少し震えて体がほぐれます。3回目の公演からは最初から完全に自由なのを感じます。

 

ステージの上のテミンさんは’スイッチオン’の感じですね。普段の姿とステージの上の姿が非常に違って見えるといいましょうか。

コンサートのステージに上がるときはいつも’僕のすべてを惜しみなくつぎ込めば安心して眠ることができる’と考えます。シャイニーの公演を見にわざわざ来てくださる観客の方々の時間を無駄にしたくないと思っています。

 

ステージの上でメンバーが涙をしょっちゅう流す方じゃないですか。テミンさんはメンバーに比べて泣かない方ですが、いつうるっとしましたか?

ヒョンたちは涙が多い方です。実は僕もうるっとするときが多いです。観客の方々から応援をきいたとき、最後のアンコールステージでサプライズイベントをひらいてくれたとき、瞬間的にうるうるっとしますね。ありがたい気持ちが大きくなれば感情がこみ上げて呼吸がぐっと詰まる瞬間があります。そういうときごとにどんなことを考えてでも感情を抑えます。涙で感情を表現するのもいいですが、僕は感情を抑える性格です。

 

今回のツアーで最も感動的な瞬間はいつでしたか?

初公演で感じる感動が一番大きいですね。何か月も準備したステージを見てくださる瞬間じゃないですか。実際ステージに上がる前に心の片隅になにかわからない心配がありました。不安ですね。リフトと一緒にステージ上へ徐々に上がりながらぎゅっと詰まった観客の方々のファンライトを見るとき、本当にうるっとします。

 

ファンの皆さんへ一言お願いします。

ファンの皆さんはシャイニーの前に花道を作ってくれる存在ですね。’花道だけ歩かせてあげる’というファンの方々の言葉をいつも覚えています。ファンの皆さんと一緒に過ごす時間が長く続くことを望みます。これからもファンの皆さんと一緒にいい思い出を作っていきたいです。