読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりこのブログ

歌詞和訳を中心にゆるゆると。しゃいにと私のおもいで日記帳。

Q&A #2 ジョンヒョンインタビュー和訳

 

そんなこと思ってたんだ‥と驚きました。

リハーサルで泣いちゃうのはものすごくジョンっぽくてかわいいけどメンバーみんながセンチメンタルな雰囲気になってたなんて、、うぅ。。幼いころのジョン可愛い;;

てかしゃいにのメンバー間で褒め合いしないのかな?わざわざ言わなくたってわかるのかな‥^^

 

 

前は慣れることが嫌いでした。いつもときめく心が欲しかったんです。新しいという感じを受けたかったから。だけど、慣れているということはそれほどお互いをよく知ってるということじゃないですか。言葉で表現しなければ互いの感情を理解することはできないと思っていましたが、必ずしもそうではないと悟るようになりました。交感という言葉を体感したんです。言葉ではなく、眼差しやニュアンスだけでも感情を交わすことができるんだと。

 

 

SHINee WORLD 4の知らせを聞いたとき、まず最初に浮かんだ考えは何でしたか?

最初に思ったことは’オープニング曲か?’ということと、’ステージを始めるときはパワーを強く与えたい’という考えが同時に浮かびました。コンサート会場では日中の気力の戦いがあるんです。観客の方々の戦い。はじめての曲でステージを圧倒するのが重要だと思いました。ステージが物理的にとても大きいじゃないですか。なので’僕がステージでどこまで自信をもって動けるか’ということも非常に重要ですよね。新曲で広範囲にエネルギーを吹き出してこそコンサートを最後までより導くことができると考えます。それでSHINee WORLD 4のオープニング、最初のセクションでシャイニーとダンサーがステージをより広く使おうと努力しました。

 

SHINee WORLD 4を準備しながら最も感動的だった瞬間はいつでしたか?

いきなり感動を受けた時があります。公演をするとき感じられる事も多いですが、僕はリハーサルをするときぐっと届く時があるんですよ。今回は’君の歌になって’のリハーサルの時涙が流れ落ちました。歌詞が胸の中に沁み込みました。’会いたかったと笑って挨拶する、アンニョン’という歌詞があるのですが、まるで僕たちの話のようでした。久しぶりにカムバックと一緒にコンサートが進められたので。明日のコンサートを見に来る観客の方々のためにこんな歌詞の歌を準備していたということ自体が感動的に感じました。僕だけじゃなくシャイニーのみんながセンチメンタルな雰囲気でした。
 

 SHINee WORLD 4ソウル公演最終日にも涙がこぼれたじゃないですか。もともと涙が多い方ですか?

はい。幼い時からそうでした。あまりにも感性的でそれを隠したいとも思いません。’男は人生で涙を3回流す’という言葉を多く言われるじゃないですか。僕は幼い時から聞き返したそうです。”男は泣いたらダメなの?男は人じゃないの?”と。

 

SHINee WORLD 4でソロステージをソロ熱唱にした理由はなんですか?

演出家の方がデビューの時から知っているヒョンです。練習生時代から僕たちをトレーニングしてくれるヒョンなので僕だけでなくメンバーたちの長所をとてもよく知っています。それで各々のポイントを作ってくれました。そのひとつが僕のソロ歌唱でした。

 

 '見知らぬもの'で編曲された部分を始めて知った時8節を一息で歌わなければならなくてとても驚いたと?

最初思いました。とても長いので。はじめは一息で8節を歌うので息が足りなくて。。はは。無事にうまく終えられて幸いです。

 

ジョンヒョンさんのソロのあとキーさんが’あ、そうだ!ジョンヒョニヒョンの歌よかったね!’と褒めたじゃないですか。同じメンバーから賞賛を受けて気分はどうでしたか?

とてもいいですね。面白くもあって。いつもはお互いそんな賞賛はあまりしないですから。お互いの長所をよくわかっていますが、そこに対して直接的に話す機会はそんなにないじゃないですか。それで公の場で褒め言葉を聞くと嬉しくなります。特にステージではシャイニーと観客の方々、お互いによく知っている人たちが集まる空間で褒められたせいか、もっと気分がよかったです。

 

SHINee WORLD 4ソウル公演最終日に’慣れ’について話したじゃないですか。観客たちとコミュニケーションする楽しさがわかるようになったという意味ですか?

前は慣れることが嫌いでした。いつもときめく心が欲しかったんです。新しいという感じを受けたかったから。だけど、慣れているということはそれほどお互いをよく知ってるということじゃないですか。言葉で表現しなければ互いの感情を理解することはできないと思っていましたが、必ずしもそうではないと悟るようになりました。交感という言葉を体感したんです。言葉ではなく、眼差しやニュアンスだけでも感情を交わすことができるんだと。

 

公演ではMC中に急にコミックダンスを始められたじゃないですか。

そもそもそういうのは’急に’始めるものです。なんの理由もありません。コンサートはその時の僕たちの感情のままに進んでいくものだからです。そのときなんでダンスを踊ったのかはよく覚えてませんが、僕たちは楽しいなら踊ります。調子に乗るんです。

 

ツアーを終えて自分へ一言お願いします。

とにかく公演は続くから。SHINee WORLD 4がシャイニーの最後のツアーじゃないから。楽しく公演を終え満足です。観客の方々が面白く見てくださるようなので、次はもっと面白いものを見つけなきゃ。

 

 

 

 

 

Interview #5 テミン 和訳

SW4 CDの和訳 132ページ

 

てむちゃんが語ってくれる言葉からステージ上がる前の雰囲気がリアルに伝わってくる。私は最後の花道のくだりでうるっとしたよ、、

 

 

 

僕はパフォーマーだ。メロディに合わせて踊るダンサーではなく、歌詞がある歌を体で表現するパフォーマーになりたい。

 

 

テミンさんはダンスと歌の中でどんなところに自信がありますか?

僕の中ではパフォーマンスだと思います。素敵なパフォーマンスをお見せしたいという欲が大きいです。もちろんライブも完璧にお見せしなければなりませんが。

 

コンサート前日の夜は主になにをしますか?

最高のコンディションでステージにあがれるように体を作ることに気を使います。タンパク質を中心にしっかり食べてゆっくり休むんです。コンサート前日には練習もたくさんしないでパワーを準備します。リハーサルをしながら動線を確実にチェックして寝る前にコンサートのステージを想像しながらイメージトレーニングをします。

 

海外で特に楽しんで食べる食事はありますか?

昔は海外ツアーは大変でした。ほこりアレルギーもあって取り換えもたくさんする方なので。食事も口に合わなくてよく食べられない方でした。それでも何でも経験しながら成長するみたいです。中国に行ったら火鍋をしょっちゅう食べて、タイのチャーハンも好きで。タイのロッティもしょっちゅう食べます。

 

ステージの上で緊張しないタイプですか?

どんな公演でも最初の公演をするときは緊張する方です。新しいステージが体に完全に身についていなければ観客の方々と一緒に呼吸することが難しいんです。リハーサルで完璧準備したとしてもステージに立つと感じがまた違います。最初の公演を通してステージに適応するといいましょうか。

 

ステージへ上がる前に緊張をどうやってほぐしますか?

時間が答えでしょう。初公演の初ステージでは震えても時間が経つほどに緊張がほぐれて体が軽くなります。観客の方々と近づくことを感じて。2回目の公演からは始まるときだけ少し震えて体がほぐれます。3回目の公演からは最初から完全に自由なのを感じます。

 

ステージの上のテミンさんは’スイッチオン’の感じですね。普段の姿とステージの上の姿が非常に違って見えるといいましょうか。

コンサートのステージに上がるときはいつも’僕のすべてを惜しみなくつぎ込めば安心して眠ることができる’と考えます。シャイニーの公演を見にわざわざ来てくださる観客の方々の時間を無駄にしたくないと思っています。

 

ステージの上でメンバーが涙をしょっちゅう流す方じゃないですか。テミンさんはメンバーに比べて泣かない方ですが、いつうるっとしましたか?

ヒョンたちは涙が多い方です。実は僕もうるっとするときが多いです。観客の方々から応援をきいたとき、最後のアンコールステージでサプライズイベントをひらいてくれたとき、瞬間的にうるうるっとしますね。ありがたい気持ちが大きくなれば感情がこみ上げて呼吸がぐっと詰まる瞬間があります。そういうときごとにどんなことを考えてでも感情を抑えます。涙で感情を表現するのもいいですが、僕は感情を抑える性格です。

 

今回のツアーで最も感動的な瞬間はいつでしたか?

初公演で感じる感動が一番大きいですね。何か月も準備したステージを見てくださる瞬間じゃないですか。実際ステージに上がる前に心の片隅になにかわからない心配がありました。不安ですね。リフトと一緒にステージ上へ徐々に上がりながらぎゅっと詰まった観客の方々のファンライトを見るとき、本当にうるっとします。

 

ファンの皆さんへ一言お願いします。

ファンの皆さんはシャイニーの前に花道を作ってくれる存在ですね。’花道だけ歩かせてあげる’というファンの方々の言葉をいつも覚えています。ファンの皆さんと一緒に過ごす時間が長く続くことを望みます。これからもファンの皆さんと一緒にいい思い出を作っていきたいです。

Interview #1 オニュ 和訳

SW4ライブCD和訳 114ページです

 

おにゅがメンバーそれぞれの長所を話してますね^^他のメンバーにも似たような質問があったけどオンジョンキーはミノ君のことパワフルな奴だと言ってますwどうすることもできない体力ってw

おにゅが今回言ってたアリシアキーズのダイアリー一番下に載せてみました~

 

 

コンサートのステージの上で僕は解放される。コンサートの広いステージを走るその瞬間だけは無限の自由が与えられる。僕の感情を自分勝手に表現できる無限の自由。

 

ソウル公演とツアー公演はどう違いますか?

どうしても海外公演よりは国内公演での観客の方々との疎通が活発でしょう。言語がお互い通じますから。シャイニーがどんな話をしても、観客の方々がすぐに反応するじゃないですか。海外では通訳を通して意思疎通をしなければいけない点が非常に物足りないです。言語の勉強をしたいと思うほどです。

 

録音室と違ってコンサートの大型ステージでは歌う感じが違うようです。コンサートの醍醐味はなんだと思いますか?

コンサートのステージの上に立つと解放感が感じられます。広いステージを駆け回って歌を歌うので、かなり自由に感じられるようです。定められた動線がありますが、その中で僕の感情を自由に表現するんです。ここではどんな表現をしようか、どんな動作をしようか。決められたものはありません。その瞬間の感情が僕のジェスチャーを作り出します。

 

どうしてもコンサートのステージでは観客のためにもっと興がでるでしょう?

もちろんです。ですが、録音室の中でもその空間だけの感興があります。僕が今録音するその歌を世界で何人が聴くのだろう、そう考えると妙な気分になります。コンサートの観客の方々より規模が大きいかもしれないし、小さいかもしれないからです。録音するときも真剣になりますね。

 

コンサートのステージに上がる前に緊張する方ですか?

変な癖があります。ステージに上がる10分前はいつも眠いんです。そんなに緊張しないせいか、または極度の緊張感のせいなのかはわかりません。いざステージに上がっていく瞬間になると手足が冷えて、緊張感が感じられて、ステージに上がるとファンライトを見ながら解脱の境地に達します。その時は緊張感そのものを忘れてしまいます。

 

楽屋では時間をどう過ごしますか?

普段はほとんど寝ますが、今回のツアーの時はタップダンスの練習をするのに楽屋にはほとんどいませんでした。ステージに上がる前に、1時間走って体を温めました。準備運動ですね。もともとコンサート中には休み時間に無条件に眠ろうと努力するんです。そうしないと体力が持たないです。

 

SHINee WORLD 4公演のコンセプトを企画しながらインスピレーションを受けたステージがありますか?

いいえ。実は公演の実況をしょっちゅう探してみたりはしないです。偶然<アリシアキーズ:ダイアリー>公演の実況を見て買ったことはありました。歌が本当にあきれるほど上手です。彼女のファンになってしまいました。特にアリシアキーズがバックボーカルを務めた男性と一緒に歌うデュエット曲は本当にすごかったです。今もたまに彼女の歌を探して聴きます。シャイニーも観客の方々に感動を与えられるステージを飾れることを望んでいます。誰でも僕たちの公演を見たらファンになれることを望みます。

 

SHINee WORLD 4を進行しながら改めて尊敬するようになったメンバーはいますか?

みんなぞれぞれに長所があります。ミノのどうすることもできない体力にいつも感嘆しています。キーは誰が見ても見てなくてもステージの上では最善をつくします。実際、ステージの上でパフォーマンスをいくら一生懸命しても、画面にはそれが10分の1も表現ができません。ところがキーは画面で見ても’まじで一生懸命やってるな’ というのが感じられるくらいステージの上でパワーをすべてぶちまけています。テミニはパフォーマンスに関して本当に最高ですよね。自信のある個性をステージでかっこよく表現する時、同じメンバーとしても’かっこいい’と思います。ジョンヒョニは歌が上手いですよね。小さな感情もとても繊細に表現します。

 

SHINee WORLD 4公演を通して自らどのくらい成長したと感じますか?

肺活量が増えたのではないでしょうか?はは。アクシデントが起きたとき、対処能力が向上したと思います。実際、公演での快感は特別です。ステージに上がっていったときには明らかに体力的に大変な振りつけもしているけれども辛いとは思いません。そうしてステージから降りるやいなや伸びているのです。

 

 

 


07. Alicia Keys - Diary

Q&A #5 テミン インタビュー和訳

SW4 ライブCDのインタビュー和訳です^ ^(86ページ)

 

てむちゃんってしゃいにーの中で一番男前だと思うわー.. なんていうか野性的よね、見た目と正反対。てかオニュのインタビューと比べて、すごい砕けた雰囲気じゃない..?w きーさんとのぽっぽとか聞かれてるしw

 

 

 

 

コンサートのステージの上に立つと自由になります。音楽、観客の方々と一緒に共感する瞬間だから、形式より交感が重要だと考えます。コンサートに大きな枠組みがあるけど、無条件にその枠に従わなければいけないということはないから。

 

 

テミンさんはシャイニーのメンバーの中で誰よりもSHINee WORLD 4を待っていたようです。ソウル初公演で”ご飯を食べる回数だけコンサートを待った”と言いましたが、コンサートを特別好きな理由がありますか?

コンサートのステージに上がったとき、一番楽しくて幸せです。幼い時からステージで自分の音楽を見せることが夢でした。音楽番組のステージとコンサートのステージは感じが全く違います。音楽番組での公演は決まった枠組みに合わせて完璧なパフォーマンスを披露することが重要です。だから、準備されたパフォーマンスを確実にお見せする舞台であるのです。ところがコンサートはここに'feel'を介入することができます。ステージの上で感じる感情によってアドリブが可能になるんです。コンサートのステージン上では歌に合わせて振付をして僕が観客の方々に向かって手を振ってもそれは振付を間違っているわけじゃないじゃないですか。観客の方々と一緒に呼吸するんです。ステージ上のすべての瞬間を観客の方々と一緒に呼吸できるということ、非常に魅力的です。

 

SHINee WORLD 4のステージでソロでレーザーダンスを披露しましたが、どのように企画されたんですか?

毎回コンサートを準備するたびに新しいステージをお見せするために努力します。シャイニーだけのカラーが見える、楽しいステージを想像することになりますが、僕の個人ステージは振付師のシム・ジェウォンさんが提案してくださいました。”’アラーム時計’のステージで君の個人技をみせてくれれば”と。時計の方をしたレーザーステージで僕のダンスをお見せすればいいようだと(思いました)。僕の長所を生かして企画してくださいました。

 

演出家シム・ジェウォンさんが今回のコンサートのステージで生かしたテミンさんの長所は何ですか?

パフォーマンスです。シム・ジェウォンさんは僕がデビューした13歳の時から、小学校のときから僕のことを見てくださる方で、僕の雰囲気・僕のカラーを最も知っている方です。

 

シム・ジェウォンさんはテミンさんのどんなカラーをお見せしたいと思っていらっしゃったのでしょうか?

僕の口から話してもいいんですか?はは。幻想的なムードとセクシーさが共存するステージを作りたいとおっしゃってました、はははは。

 

今回のステージのためにどのくらい練習しましたか?

コンサートの団体練習の前に個人練習もたくさんしました。演出家の方が照明装備をテストする映像をメッセンジャーで見せてくださって、ステージの感じをあらかじめ知ることができました。それを見ながらシム・ジェウォンさんと相談しながら振付を作って動線を組みました。

 

キーさんにぽっぽした場面はあらかじめ企画されていたものですか?

いいえ。実は僕がキーひょんにぽっぽしたことをよく覚えてないのですが、ステージの上でしたのならそれはすべて衝動的なものです。ステージの上でいたずらしたかったみたいです。

 

公演では太鼓の紐は切れたじゃないですか。驚かれませんでしたか?

ステージ上のハプニングにある程度慣れてきました。太鼓の紐が切れたくらいでは驚くこともありません。ところで、特に僕にハプニングがやたら起こるみたいです。なぜでしょう?

 

テミンさんはステージの上で非常に自由になるみたいですね。

音楽、観客の方々と一緒に共感する瞬間だから、形式より交感が重要だと考えます。コンサートに大きな枠組みがあるけど、無条件にその枠に従わなければいけないということはないから。

 

ソウル公演中、テミンさんに腹筋を見せてくれと言ったとき”赤ちゃんのおなかですよ”と言ったじゃないですか。今はどうですか?

一時、運動を一生懸命したとき、その時は腹筋がありました。今もある程度はありますが、お見せするほどではありません。チョコレートが少し溶けたといいましょうか。はは。

 

いつかコンサートのツアーでテミンさんのセクシーなパフォーマンスを見ることができるでしょうか?

いつかは一度やるでしょう。それがいつになるのかはまだわかりませんが。

 

SHINee WORLD 4を終えた感想をお聞きしたいです。

’感謝する’という気持ちが一番大きいです。誰かがやりたいことをしながら生きるのは難しいじゃないですか。僕が好きなことをできるということは実はすごく感動的で、ありがたいです。ファンの方々の期待に合ったステージをお見せするためにもっと一生懸命成長しなければと思います。僕たちを支持して応援してくださるファンの方々には期待が癒しになって、力になるんだと考えるからです。その期待が失望に変わるなら、罪の意識を感じるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q&A #1 オニュ インタビュー和訳

SW4 ライブCDのインタビュー和訳です^ ^(50ページ)

 

 

コンサートが上手くいったのは運じゃないよ、自分の努力だよ~~;;

オニュの歌声を聴けることは奇跡なんだ;;

最後のはシャイニーとしての自信も感じられて誇らしくなったよ。

 

 

 

ステージの上にいるとぽんっと叩いただけでも涙が出るほど感動を受けるのですが、隣で誰が涙を流すと本当に我慢できないです。その日もそうだったでしょう。

 

 

SHINee WORLD 4 の知らせを聞いて、まず最初に浮かんだ考えは何でしたか?

心配だ。大変だ。タップダンスをしたかったけど、僕の実力でステージを飾れるだろうか?歌一曲をすべて歌えるだろうか?いっぺんにいろいろな考えが浮かびました。運がよかったのかはわからないけど、全部やり遂げることができて達成感が非常に大きかったです。

 

ソロステージでタップダンスを選んだ理由は何でしたか?

この前から趣味でタップダンスを習っていました。ステージでは一度もお見せしたことがなかった姿を観客の方々に見せて差し上げたかったです。タップダンスは一度嵌ったら抜け出すことが難しいジャンルです。楽しく練習しました。

 

タップダンスのどんなところがそんなに魅力的ですか?

実はタップシューズを履いて足で音を一回出すことがとても難しいことです。初めは歩くことさえも大変なくらいです。それなのに練習をしながら一回一回音を出して一回が何回になって、それが集まってタップダンスの振りつけになっていく過程が自分自身と戦う感じですが、それがすごくぴりっとします。ストレスが解消されます。

 

今回のツアーで見せてくださったタップダンスの振りつけはどのくらい練習しましたか?

タップダンスは’こんな音を出さなければ’と振付を設計したとしてすぐに練習できるジャンルではありません。僕一人で地道に4か月くらい練習して、コンサート個人ステージをタップダンスと決定してからは振付師の方と相談しながら更に3か月くらい練習しました。

 

タップダンスに関心を持ったきっかけがありますか?

ミュージカルを準備したことがあるのですが、その時タップダンスが必要で習うようになりました。声帯手術を受ける為にミュージカルをやめましたが、タップダンスは持続的に習いながらすっかり嵌るようになったんです。このように魅力的なジャンルですが、大衆的ではありません。それで今回コンサートツアーを通してより多くの方々へ知らせたいという気持ちも少しありました。

 

今回のコンサートでオニュさんが最もお見せしたかったステージは何でしたか?

僕にとって非常に意味が大きいんですが、声帯手術以降はじめて歌を完唱したステージがまさにSHINee WORLD 4でした。僕は自ら、人生を喉の手術前と後で分けますが、手術以降最も喜ばしい瞬間でした。

 

ソウル公演の終わりにオニュさんがわっと泣き出したじゃないですか。急に涙が出た理由はなんですか?

ステージの上にいるとぽんっと叩くだけでも涙が出るほど感動を受けるのですが、隣で誰が涙を流すと本当に我慢できないです。その日もそうだったでしょう。

 

ところでコンサート公演する時ステージの上であまり言葉がなかったようです。

僕は実は言葉が上手くないです。僕はふざける方が好きです。

 

コンサート中にトロッコに乗って観客達へ近づいていったじゃないですか。観客と近くにいるとどんな気分になりますか?

ステージから遠くにいらっしゃる観客の方々は我々をすごく小さく見ていらっしゃって、ものすごく遠くにいると感じるようです。なので僕はトロッコに乗って観客の近くに行く時間が本当に好きです。ボールを投げるときにも最大限遠くまで送ろうと努力します。

 

観客の方々へひとことお願いします。

ありがとうございます。SHINee WORLD 4を企画するとき、’こんな公演はもう二度とないものだ’と考えながら公演を作りました。振り返ってみるとステージでとても楽しかったのですが、観客の方々も楽しく見られたと確信しています。シャイニーの公演は’信じて見ることができる公演’だと思ってくださることを願います。毎回’もっと楽しい公演’を企画するシャイニーになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じょん、お誕生日おめでとう♡

 

今日はわんこのお誕生日ㅎㅅㅎ 去年のじょんせんいるからの1年を写真と共に振り返ってみる!



f:id:maako_09:20160408190728j:image
f:id:maako_09:20160408190737j:image
 
 
ぷるんばむにお祝いに駆けつけたハリーみの♡
f:id:maako_09:20160408114435j:image
f:id:maako_09:20160408114445j:image
 
この日の中敷感(笑)
f:id:maako_09:20160408194547j:image
 
 
 
Viewのかむば。オッドアイいいね!
f:id:maako_09:20160408113131j:image
f:id:maako_09:20160408113204j:image
 
 
 
ジョンのこの空港ファッション好き^ ^♡
(あ、これ去年のじょんせんいるより前だww)
(てかきーちゃんの目立ち具合ww)
f:id:maako_09:20160408113724j:image
 
別の日、出勤ファッション
f:id:maako_09:20160408114939j:image
 
最近の♡
f:id:maako_09:20160408190833j:image
 
じょんって白似合うー。可愛い。カッコいい。お洒落。銀色の髪もよく似合ってる♡
 
もふじょん(ポメじょん)
f:id:maako_09:20160408112926j:image
f:id:maako_09:20160408115422j:image
f:id:maako_09:20160408115441j:image
f:id:maako_09:20160408115517p:image
f:id:maako_09:20160408115530p:image
 
可愛いがすぎるよ。わんこ..。
2、3年前までのごりごりどこ行った..。好き。
(今回のツアーで久々のゴリじょん見れてそれはそれで嬉しかったです、サスペンダー?の衣装の時)
 
 
 
 
あ、あと。
もうお馴染みになったいたずらされるじょん
f:id:maako_09:20160408115850j:image
f:id:maako_09:20160408115901j:image
キー君のセンスよ..w 天地創造は笑った!
f:id:maako_09:20160408120247j:image
f:id:maako_09:20160408120258j:image
(裸で寝ているじょんも謎だけどww)
 
シャイニーって愉快だなあ、平和だなあ。
f:id:maako_09:20160408120823j:image
f:id:maako_09:20160408120840j:image
 
f:id:maako_09:20160408194343j:image
f:id:maako_09:20160408194416j:image
 
(ついでに..)
f:id:maako_09:20160408194435j:image
 
 
じょん、メンバーとの距離感近いよね♡
f:id:maako_09:20160408120510j:image
f:id:maako_09:20160408120528j:image
f:id:maako_09:20160408120559j:image
f:id:maako_09:20160408121046j:image
(じょんき過多)
 
 
ひょにゅペンさん歓喜の空港サジン
f:id:maako_09:20160408120650j:image
f:id:maako_09:20160408120935j:image
この時まじでなんだったんだろうか..。
おにゅが主導権握ってる感じ♡←
 
 
泣き虫なじょんも大好きよ^ ^
f:id:maako_09:20160408190355j:image
f:id:maako_09:20160408190429j:image
 
たくさん涙するのは心が綺麗な証拠♡
 
 
 
 
忘れちゃいけないソロ活動。
f:id:maako_09:20160408192636j:image
f:id:maako_09:20160408192721j:image
f:id:maako_09:20160408192742j:image
f:id:maako_09:20160408192748j:image
f:id:maako_09:20160408192756j:image
 
 
アンコンのライブビューイングを見に行きました。なんだか、じょんぺんさんとじょんの幸せ空間にお邪魔しちゃったみたいな気分になったよね。それくらいじょんのセンスと愛が全部込められてるような気がして、私とってもほこほこな気持ちに(^-^) 
 
じょんのシンプルな作詞やしっとりとした作曲が大好きです。色んな方々に曲を作ったり、自らが歌ったりして、アイドルシャイニーという枠組みを超えた芸術的な面で活動出来るのは自分自身の努力の賜物だよ。
 
そうだ、本も出したね。大活躍な一年!^ ^ てむちゃんが、ソロ活動での各々の個性やカラーが集まったとき相乗効果が生まれるといいって言っていたけど、多分そういうものはもう私たちの目に見えるところに表れてる。彼らの力は凄いから!!(語彙!!)
 
 
 
これからの活躍を祈って。
本当におめでとう、じょんひょーん!
素敵な一年を過ごしてね〜〜(⌒▽⌒)
 
 
 

 

代々木、新潟、そして名古屋

今回は24日の代々木を皮切りに私の中のツアーがやっとこ始まりました。待ってたんだ、この日を!!!! この時を..!!!!!

 
f:id:maako_09:20160406082841j:image
 
代々木は、ご縁あって2日間のチケが取れ、24日はキーくん側スタンド2階、25日はおにゅ側スタンド1階席で見ることができ、プロペラおにゅをおちり側からとお顔側から拝めることが出来ました。。
 
そして遠征は新潟、名古屋。
 
初めての朱鷺メッセ。正直、埋もれ具合に若干戸惑った。普通のアリーナでいうCのちょうど真ん中らへんだったのですが、一つ前が180センチはあるんじゃないかという大柄な方、二つ前がヒールやろうでしてうまく被って見えない。
 
そもそもなんでそんな会場に行ったのかというと行きやすいから← バスで5時間くらいだし。駅から10分位かかるところで夜行バスを降ろされるんですけどね。びっくりしましたけどね。駅から会場までがまあ遠いんですけどね。20分位掛かりましたけどね。
 
 
まあ、見にくい&行きにくい会場ではあったけど、発見もありました。
 
スタンドがないから、壁にメンバーの影が映って綺麗だったな..(そこ)なかなか大きく映った影って見ることない。よね。せり上がったステージからのが良かった、影まで完璧だったシャイニー(T . T)
 
 
アリーナが長くて即席スタンドが後ろにあるんですけどそういう方への配慮か、てむちゃんが後ろの方今度は前の方に来られるといいですね、新潟は特に広いから〜〜って言ってた。やさお。新潟ははじめてですよね、とか言ってたくせにね(笑)
 
あと会場の盛り上がり!
 
代々木よりもすっごくすっごく声援が大きくて掛け声もビンビンだし← アンコールも鳴り止まないみたいな。MTTMとかシャーロックの日本語バージョンも大声で歌っててメンバーも驚くみたいな。
 
みんな私みたいに埋もれ席で諦め半分で歌い狂ったとか? 私みたいに双眼鏡覗いても人の頭しか見えないからひたすら暴れてたとか?
 
とにかく大盛り上がりな新潟、序盤の戸惑いから一変!! 個人的にすげぇ楽しい会場というイメージへ。やっぱ歓声が大きいとシャイニー楽しそうだしね( ;  ; )イヤモニしてても聞こえるとか言われて嬉しかったよ。エヘヘ。シャイニーも嬉しそうだったよ。
 
 
 
息つく暇もなく、次は名古屋〜〜。
 
ガイシは一度だけ行ったことがあって、形が丸くてアリーナも小さめだしどの席でも楽しめる会場だけど、今回はメインステージ寄りスタンドの3列目が当たってしまいそこそこ(というかすごく)見やすい席でしたね。キーくん側だったけど..。
 
双眼鏡なくてもみんなの顔がよく見えたし、おにゅの一反木綿を間近で真横で見られて感無量。真横だと煽りに来るメンバーの個性が見られていいね。ジョンの屈託のない笑顔。ミノ君の優しい眼差しとお手振り&お辞儀。キー君の困ったような笑顔&お手振り。おにゅのふわふわ飛んでいきそうなダンスと、煽ってファンが盛り上がった時の笑顔と親指ぐー。驚いたのはてむちゃんがペンサ..。暗転した時しきりにお手振りしたりファンと話そうとしたり。ソロを通して日本ペンのことも受け入れてくれるようになったのかしらねぇ.. ありがたい。
 
今回のしゃいに出来るかな?♡は、けん玉だったのですが、出来ないジョンがおにゅに向かってけん玉の玉をブンブン振ってて周りのみんなが素で驚いてたのにすごい笑えた(;▽;) お腹抱えて笑ったな.. なんで急にそういうことし出すんだろうw 動線移動のときてむちゃんがおっさんみたいな走り方(腕をブンブン振って膝の関節を曲げずに走る)しててそれも笑った。何してんのw
 
 
唯一残念だったのは、おんてむソング認定済みのはずのダスゴルおんぶがテムキーだったこと。くそぅ。くそぅ。くそぅ。
 
くそぅ。
 
でもま、名古屋もシャイニー楽しそうだったし、すごく盛り上がったし! てむちゃんが歌い踊れっていうから、たくさん踊ったよ!!
 
 
 
基本的に曲中はおにゅの事しか見てないのですが、角度的に目に入ったキー君のダンスがすんげーキレキレでおにゅとの差に驚きました。おにゅちゃんとやれよって意味じゃなく、おにゅのダンスふわふわで可愛いなって..(結局それ)羽が生えてて飛んでいきそうだよね.. てむちゃんは勿論だけど、おにゅも実は妖精なんじゃ.. MTTMとかとろけそうな笑顔で踊るじゃない.. あぁ大好き。
 
あと回数を重ねるごとに上手くなっていく日本語ね..(T . T)
 
 
新曲紹介のとき「おかげじゃなくて、せいで?」とおにゅが言ったり、ひつまぶしのくだりで「皆さんも是非食べてください、お茶漬けで」とてむちゃんがお勧めしたり、1000年ずっとそば食べてってジョンがボケたり.. 勉強してないと出来ないだろうなっていう言葉が出てきて(T . T) なんたってミノ君が台本以外の事言ってるんだよ! 凄いな。ありがたい。
 
 
今回の名古屋でいったん私のツアーはお休みです。再来週は忘れかけてたTOPIKだよ、ぉぃ( ̄ー ̄) 日本語でボケたり突っ込んだりするシャイニーに負けないよう、ライブで貰ったパワーで今度は試験に向けてがんばろうと思います。1カ月間くらい勉強してないな.. 仕事もイベントがあったり新入社員が入ったりで忙しいけど、シャイニー見てたらそんな事言い訳にならないし。
 
次回の京セラドームに向けて、力を蓄えます。
 
샤이니사랑해요♡